勝ちました。

本日の「龍馬伝ブログリレー」私がじゃんけん勝ちました。
毎回毎回、いいところまで勝ち残りながら、あと一歩のところで敗退を続けてきたのですが、ようやくの担当です。

まあ、担当じゃなくてもたまに書いてるんですけどね。

さてさて、「龍馬伝」原作は小説の三部作です。
なので、舞台版でも大きくシーンを三つに分けて、一部、二部、三部と呼んでます。
今日は一部を集中的に稽古しました。
幕開きからの45分、ここが野望編パートです。
全体の三分の一、45分に過ぎないんですが、芝居一本ぶんくらいのボリュームがあります。
一部の通し稽古をすると、全員汗だくのドロドロになります。
でも、休む間もなく二部が始まります。

最近、静かな芝居ばかり書いていたので、この感覚は久しぶりですねー。
楽しいです。

そして今回、メインキャストの総司や龍馬、海舟や以蔵などは、ほぼ自分の役だけで出ているのですが、若手四人は役が次々変わります。
そもそもキャストの人数が少ないので、瞬時に役を変えなくてはなりません。
これはまた、技量のいる作業です。
そして当然、休む間がありません。
みんなドロドロです。

そんな中、一部にほとんど出てこないのはこの人、龍馬さんです。あ、左の人です。

そもそも野望編は、龍馬と総司が出会うまでの話ですから、必然的に出番が少なくなってしまうのはやむを得ないのですが、みんなが滝のような汗でドロドロになっていく中、反対に体を冷やし続けています。
そして冷え切ったところで登場です。
この人も、なかなか大変です。

まあ、そんなこんなで…。

とうとう、稽古期間も半ばを過ぎ、だんだんと追い込みにかかってきました。
しかし、まだです。
まだまだです。
納得できないところが、まだまだまだ山積みです。
見せ方でやれるところ、セリフを変えるところ、役者の技量に頼るところ、何でどう処理していくのかは稽古で探っていかなくてはならないのですが、自分の中で「間違いない」と言い切れるところまで、残りの期間でたどり着かなくてはなりません。
いや、あと数回の稽古で辿り着いて、残りの稽古期間は、ただの反復練習にしたいところです。

そのための明日。
そのための明後日。

体力と集中力が問われています。
負けない。

あ、トップの画像は、ただいま深夜練中のやまん以蔵です。