初めて、短編映画の監督を務めます。

イメージ画像

この度、ご縁があって知り合ったシンガーソングライターのやなせななさんからお声がけを頂き、短編映画「祭りのあと」の監督を務めることになりました。
ずーっと演劇畑でやってきて、初めての映像作品です。
既に打ち合わせやリハーサルが始まっているのですが、毎回ドキドキの連続です。
でもこうして新しいことに挑戦させてもらえるのは、楽しいですね。
声をかけてくださったやなせさんには、感謝してもしきれません。

今回の作品は、やなせさんがご自身の歌の世界を脚本化したものです。
やなせさんの歌は、僕自身、本当に大好きで、今回の脚本にもその優しさと言いますか、ふんわりした柔らかさ、芯にある想いのようなものが詰まっています。
そこにやなせさんが作る楽曲が重なれば、きっと素敵な作品になる。
そう思い、こんな僕でよければ、と二つ返事で引き受けました。

思い返せば、僕や智之が参加していた錦織一清さん演出の「広島に原爆を落とす日」の舞台。
この舞台で楽曲を使わせていただき、それでやなせさんの歌が好きになってずっと聞くようになり、と思ったら智之が「タロー」という歌のMVに出演し、「ストリッパー物語」を観に来てくださり、僕らもライブにお邪魔して、いろいろとお話するようになって…気がついたら今回のお話をいただいていました。

人の縁というものは不思議なもので、ふっと繋がっていくものなのですね。

9月の公演と同時進行で進んでいくので、なかなかバタバタな日々になりそうですが、楽しみながら、学びながら、良い作品にしていけたらな、と思っています。
どうぞ応援をよろしくお願いします!

◇やなせなな オフィシャルホームページ
http://www.yanasenana.net

◇短編映画「祭りのあと」公式サイト
http://matsurinoato.net

*「祭りのあと」では、制作費の一部をクラウドファンディングでのご支援をお願いしています!
 どうか9PROJECTの新しい挑戦を応援してください!

◇朝日新聞社クラウドファンディング A-port
https://a-port.asahi.com/projects/matsurinoato/