初めて、短編映画の監督を務めます。

イメージ画像

この度、ご縁があって知り合ったシンガーソングライターのやなせななさんからお声がけを頂き、短編映画「祭りのあと」の監督を務めることになりました。
ずーっと演劇畑でやってきて、初めての映像作品です。
既に打ち合わせやリハーサルが始まっているのですが、毎回ドキドキの連続です。
でもこうして新しいことに挑戦させてもらえるのは、楽しいですね。
声をかけてくださったやなせさんには、感謝してもしきれません。

Continue reading →

北区AKT STAGEを退団します。

突然のお知らせで恐縮ですが、この5月末日をもって、北区AKT STAGEを退団することとなりました。
とはいえ、いろんな引き継ぎや講師業務は続けていたりするので、当分は出入りしているのですが、劇団員としてはいったんの区切りとなります。

1999年に、前身の北区つかこうへい劇団に7期生として入団してから、18年。
入団した年が21歳、今が39歳ですから、20代と30代のほとんどをこの北区で過ごしてきました。

つかさんの芝居がしたくて、役者として入団した当初。
初めてつかさんにちゃんと芝居を見てもらって、一目で「才能ない」と言われ(笑)「それよりお前は文章が書けるから、本を書け」と言われて(ズルズルと役者に未練を残しつつ…)脚本・演出の道を歩むことになりました。
つかさんの稽古場にベッタリついて、口立てで作られていくセリフや演出を必死にメモし、事務所でも怒涛のごとく書き直されていく戯曲を延々と打ち込み続ける日々…。
縁あって、2002年に少年隊PLAYZONE「愛史」の稽古場に参加し、憧れの銀ちゃんだった錦織さんと再会。
2003年には同じPLAYZONE「Vacation」で脚本家としてデビュー。

そこからつかさんが亡くなるまでの数年間は、長い長い一日のようでした。

劇団でも、外部でも、脚本・演出をやらせていただき、時々つかさんの芝居にも出させてもらい、児童教室や劇作家コースの講師を担当し、その間、劇団の事務所でいろんな制作業務を担当し、チケット管理や広告宣伝、WEB制作にチラシ等のデザインなどなど…思い出すだに、ほんっとにいろんなことやってきたなあ…(笑)

2010年につかさんが亡くなり、北区つかこうへい劇団が解散。
続けていこうよ、といったみんなと、北区AKT STAGEを結成。
つかさん無しでもやっていくんだと、前にも増してガムシャラに進んできた気がします。

しかしその中で、自分の作りたいものは変化していきました。

「お前は、本を書け」と言ってくれた、つかさん。
その言葉に応えるためには、自分にしか書けない本を書かなきゃいけない。
そのために、この北区AKT STAGEという枠組みは、本当に自分にとってベストなのか…そんなことを考えるようになりました。

2014年、「怪物」という作品を書いた時に、自分の方向性が決まりました。
2015年、「龍馬伝」と「戦争で死ねなかったお父さんのために」をやって、つか劇団時代にやり残していた(つかさんから話は振られたけど、実現しなかった企画でした)作品が終わりました。
2016年、AKTでは芝居作りからはちょっと離れて、講師業をがんばりながら、いろいろと考えた一年でした。

そして3月の年度末、退団を決めました。
劇団は好きだし、劇団の仲間たちも大好きで、新しく入ってきた若者たちといろいろと作ってみたいという思いもあるのですが、自分は何よりもまず表現者として成長しなくてはいけない。
こんな人たちとこんな芝居をやってみたい、という欲求を叶えるには、もっと身軽になった方がいい。
18年もいた集団を抜けるのは寂しいですが、そう決心しました。

これからは、活動の中心を9PROJECTに移して、あれこれとやっていきたいと思っています。

まあ、いっしょにやりたくなったら、やればいいだけですからね。(笑)
これからもちょこちょこと出入りは続きますし、一歩外から、良いお付き合いができればと思ってます。

北区AKT STAGEも、結成6年目になり、今、大きく生まれ変わろうとしています。
どうかこれからも、あたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

今年も「寝盗られ宗介」に参加してます。

最近、SNSがあれば十分、という感じになって、サイトの方はほったらかし状態で、告知ひとつしてませんでしたね。

毎年恒例となった錦織一清さん演出、戸塚祥太さん主演のつかさんの舞台。
今年は「寝盗られ宗介」です!
そして昨年に引き続き今年も、潤色として脚本制作に関わっています。

Continue reading →

チラシ画像

つかこうへいの衝撃作…

なんだか公演続きの一年…その最後を飾るのは、恩師・つかこうへいのデビュー作「戦争で死ねなかったお父さんのために」です!

実はこの作品、まだつかさんが元気だった頃、「お前、あれやって(演出して)みろ」と言われた作品です。
それから数日、何度も何度も戯曲を読み返しましたが、なかなか読み解くことができず、どうしたものかと思っていたところ「やっぱり、いい」と言われ、別の作品をやることになった、という一件がありました。

近年、9PROJECTでつかさんの初期の作品を上演していく中で、もう一度挑戦してみたいという思いに駆られ、今回の機会をいただきました。

そしてやってみると…。

Continue reading →

川栄李奈さんの、「AZUMI」

何度かの推敲を経て、「AZUMI」の台本を書き上げたのはもう2ヶ月近く前になります。
それから、他の舞台の本番や稽古が重なり、「AZUMI」の方は稽古場にも足を運べず、本番の舞台にもなかなか行けずにいましたが…本日先ほど、ようやく観てきました!

いやもう…びっくりです。

演出の岡村さんは稽古の現場でどんどん芝居を作り変えていく人なので、僕自身、台本がどういう形で上演されるのか、まったくわからずに行ったわけですが、とにかく舞台上の熱量にびっくりです。
あずみも、竜馬も、駿介も…もちろん舞台上にいるすべての方たちが、全力でぶつかり合っていました。

書き手として、こんな光栄なことはないですね。

しかし何と言っても、あずみ役の川栄李奈さんには、とにかく驚かされました。

Continue reading →

「生涯」という作品

本稽古が始まって、3週間が経とうとしています。5月に1週間、8月に1週間プレ稽古をしていますので、全部で5週間ですか。毎回毎回、作っては壊しの毎日です。

つかこうへいが登場し、演劇界を変えたのが70〜80年代。一度演劇活動を辞め、また再開してプロデュース公演を次々に行っていたのが90年代。そして僕らが北区つかこうへい劇団を結成し、後進の育成に注力したのが2000年代。僕らがつかさんと一緒にいたのは、この2000年代だけです。

今まで見たことのない、つかこうへい初期の作品。実際、この「生涯」という作品は、たった一度しか上演記録がなく、しかもつかさんの演出は一度もないということもあって、往年のつかファンでもこの作品を見たことのある人は少ないのではないでしょうか?存在すら知らない人も多いでしょう。

IMG_1257

でも、おもしろい。
いや、こんなにおもしろいのは久しぶりだというくらい、おもしろい。

くだらない言葉に大笑いしたかと思うと、強烈な言葉が胸に突き刺さってくる。一筋縄ではいかないセリフの応酬。不条理な展開と、だからこそ描き出される真実…。

ああ、これこそ、つかこうへいの作品だ、と実感しています。

Continue reading →

「AZUMI 幕末編」あずみが帰ってきた!

まさか、こんな日がやってくるとは思ってもいませんでした。
最初の「あずみ」の舞台化を手伝わせていただいたのは、2005年のこと。
もう10年も前の話です。
まさか「あずみ」の続編をやる時が来るとは…そしてまた、脚本に参加さえてもらえるとは…ほんとうにうれしい限りです。

今回の「AZUMI」は幕末編。
前作とは、まったくストーリーが違います。
個人的には、つい先日、つかさんの「龍馬伝」の舞台版をやったばかりなので、幕末づいてるなあ…という感じなんですが。(笑)

まだ稽古も始まっていませんので、どんな作品に仕上がっていくかはまだまだこれからなんですが、また新しい「AZUMI」の誕生に、僕自身がワクワクしています。
小山先生の原作の素晴らしさ、おもしろさを、皆さんに伝えられるように尽力していきたいと思います。

公演詳細は特設サイトへ!

AZUMI_FLYER_OMOTE AZUMI_FLYER_RIMEN

「龍馬伝」初日開けました!!

ついに…ついに…ついに!
「龍馬伝」が初日を迎えました!

長かったような、あっという間のような…。
1ヶ月余りの稽古期間は、瞬く間に過ぎて行きました。
でも今は、この作品を皆さんの前にお届けできることがうれしくてなりません。

Continue reading →