北区つかこうへい劇団 劇作家コース

昨日は、北区つかこうへい劇団劇作家コース、本年度最後の授業でした!

7月の解散まで、劇作家コースをどうするか、実はまだ決まっていないので、「これが最後の授業かもしれませんね~」なんていいながら、これまでのまとめなんかをやってみました。
普段、必ず課題を出してそれをやってもらうので、講義に費やす時間はそれほど長くないんですが、昨日はめずらしく課題無しで2時間以上もしゃべりました。

しゃべるって、やっぱり大変…。

学校の先生とか、すごいですね。
ものすごいエネルギーですよ。

そして、終了後には写真撮影。

ホワイトボードの文字

このホワイトボードの前でみんなと写真を撮りました。
のっけていいか聞くのを忘れたので、ホワイトボードだけです。(笑)

僕が劇作家コースを担当するようになったのが2003年ですから、もう約8年…。
戯曲の書き方講座なんてものをHPに載せたりしてますが、あれは授業でやってきたことの一部の要約にすぎず、大事なポイントはきちんと口頭であったり、課題を通じてしか伝えきれないなあ、と思うわけで、やっぱりこれからも授業は続けていきたいなあ、と思うわけです。

まあ、でも、うん。
サイトの方もちょこちょことネタを追加していかないとな。
あんまり書きすぎると、お金払って通ってくれてる皆さんに申し訳ないけど。(笑)

結論としては、いろんな戯曲を読んで、いろんな芝居を見て、ひたすら書いて、ひたすら上演するしかないんですけどね。

読んで、見て、書いて、やる。

劇作を上達させる、4つのキーワードです。
…つまり、努力と根性ですね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。