渡辺和徳(脚本家・演出家)

1978年、東京都生まれ。つかこうへいに文才を認められ、氏のもとで作・演出を学ぶ。
現在は舞台、映像を問わず脚本・演出を手がける他、演技・脚本・児童向けなど、各種ワークショップの講師も行っている。

本サイトでは、脚本の書き方・演出のやり方などの他、小学校のための台本、上演料無料で利用できる脚本なども公開しています。

NEXT STAGE

9PROJECT vol.12「二代目はクリスチャン」

原作=つかこうへい 脚本・演出=渡辺和徳
出演=高野愛・熊倉功(BRATS)・相良長仁(北区AKT STAGE)・新澤明日(TEAM JACKPOT)・小川智之・友部康志・岩崎祐也(劇団朱雀)・仲道和樹(劇団PATHOS PACK)・諏訪貴大(劇団現代古典主義)・藤原儀輝

日程=2020年4月8日[水]〜12日[日](公演中止)
会場=d-倉庫
席種=自由席
料金=一般 3,500円 / 学生 2,500円 (前売当日とも)

ABOUT

つかこうへいの傑作映画を完全舞台化!
ヤクザの二代目を襲名することになったシスター・今日子の女残侠伝!

 「二代目はクリスチャン」は、1985年に「野生時代」に発表された小説。同年、井筒和幸監督、志穂美悦子主演により映画化され大ヒットした。1999年、つかこうへい演出で舞台化されたが、同年の東海村JCO臨界事故を受けて「緊急特別バージョン」に変更。つかこうへいが、初めて原発問題を直接取り上げた作品に生まれ変わった。

 2007年、つかこうへいから作品を託された渡辺が、小説とシナリオ、つかが書きかけていた「北区版」の断片を元に、原作通りのストーリーで舞台化。今回は、12年の時を経ての再挑戦となる。

 さらに、今回殺陣をつけるのは、ジャパンアクションエンタープライズの西本良治郎氏。東映、大映作品を中心に、50年以上に渡って、映画・舞台・TV等でアクション監督・殺陣師として活躍されてきた西本氏が、迫力の切り込みシーンを生み出します。

 新たに生まれる新生「オーソドックス・バージョン」にご期待ください!

STORY

赤子の頃、教会に預けられて育てられた、シスター今日子。
真面目で愛情深い彼女だったが、ある土砂降りの雨の日に一人のやくざ者と出会い、恋に落ちたことから運命が変わり始める…。

今日子こそは神戸を取り仕切る極道、神龍組のただ一人の跡取りであり、そしてその父を殺した男こそ、嵐の夜に出会った男・英二であった。

「どうしてこんなに好きになってしまったんでしょうね。でも私は、父を殺したあなたを愛したことを誇りに思いたいのです。主からも「いい恋をしたね」と祝福してもらいたいのです」

組と自分を守るために死んでいったヤクザたちのため、今日子はついに刀を抜く…。

CONTENTS

初心者からの演劇ワークショップ

「初心者からの演劇ワークショップ」は、出張型のワークショップです。演劇を始めようと思っている方や、もっといろいろ学びたい方…すでに活動している劇団や市民劇団、中学や高校の演劇部など、どんな方でも構いません!参加者が2名以上いれば、どこにでもお伺いして、ワークショップを行います!

イメージ画像

脚本の書き方講座

脚本、台本、戯曲…。それが舞台であれテレビであれ、芝居をするためにはその元となるセリフが書かれた本が必要です。そんな脚本をだれでも書き”始め”られる、脚本(台本・戯曲)の書き方講座です。

イメージ画像

演出のやり方講座

演出と言う作業は、一般に思われているイメージとは、実はちょっと違うのです。演出をやろうと思った方がやり”始め”るための、演出者が本当に意識しなければならないポイントをお伝えします。

イメージ画像

子供のための脚本&ゲーム

子供のための教室で教えるときによくやっている発声ゲームや、小学生向けの劇の台本、小学校の体育館で行った公演の台本などを掲載しています。小学生向けの台本は、学習発表会・学芸会などで使用していただくこともできます。

イメージ画像

上演料無料の脚本

このページでは、僕が劇団で上演してきた演劇の脚本(台本・シナリオ)を公開しています。お問合せフォームからご連絡いただければ、有料・無料公演を問わず、上演料などなく無料で使っていただけますので、ご自由にご利用ください。