渡辺和徳(脚本家・演出家)

1978年、東京都生まれ。つかこうへいに文才を認められ、氏のもとで作・演出を学ぶ。
現在は舞台、映像を問わず脚本・演出を手がける他、演技・脚本・児童向けなど、各種ワークショップの講師も行っている。

本サイトでは、脚本の書き方・演出のやり方などの他、小学校のための台本、上演料無料で利用できる脚本なども公開しています。

つか版・忠臣蔵

NEXT STAGE

9PROJECT vol.8「つか版・忠臣蔵」

原作=つかこうへい  脚本・演出=渡辺和徳

つかこうへいが一流のパロディで描く、忠臣蔵の真相!?
つかこうへい生誕70年を記念して、東京・神戸・大分の3都市ツアー公演を敢行!

◇東京公演/2018年10月3日〜8日@d-倉庫
◇神戸公演/10月20日〜21日@神戸三宮シアター・エートー
◇大分公演/10月24日〜25日@ホルトホール大分 小ホール

CONTENTS

イメージ画像

脚本の書き方講座

脚本、台本、戯曲…。それが舞台であれテレビであれ、芝居をするためにはその元となるセリフが書かれた本が必要です。そんな脚本をだれでも書き”始め”られる、脚本(台本・戯曲)の書き方講座です。

イメージ画像

演出のやり方講座

演出と言う作業は、一般に思われているイメージとは、実はちょっと違うのです。演出をやろうと思った方がやり”始め”るための、演出者が本当に意識しなければならないポイントをお伝えします。

イメージ画像

子供のための脚本&ゲーム

子供のための教室で教えるときによくやっている発声ゲームや、小学生向けの劇の台本、小学校の体育館で行った公演の台本などを掲載しています。小学生向けの台本は、学習発表会・学芸会などで使用していただくこともできます。

イメージ画像

上演料無料の脚本

このページでは、僕が劇団で上演してきた演劇の脚本(台本・シナリオ)を公開しています。お問合せフォームからご連絡いただければ、有料・無料公演を問わず、上演料などなく無料で使っていただけますので、ご自由にご利用ください。