今年も「寝盗られ宗介」に参加してます。

最近、SNSがあれば十分、という感じになって、サイトの方はほったらかし状態で、告知ひとつしてませんでしたね。

毎年恒例となった錦織一清さん演出、戸塚祥太さん主演のつかさんの舞台。
今年は「寝盗られ宗介」です!
そして昨年に引き続き今年も、潤色として脚本制作に関わっています。

Continue reading →

チラシ画像

つかこうへいの衝撃作…

なんだか公演続きの一年…その最後を飾るのは、恩師・つかこうへいのデビュー作「戦争で死ねなかったお父さんのために」です!

実はこの作品、まだつかさんが元気だった頃、「お前、あれやって(演出して)みろ」と言われた作品です。
それから数日、何度も何度も戯曲を読み返しましたが、なかなか読み解くことができず、どうしたものかと思っていたところ「やっぱり、いい」と言われ、別の作品をやることになった、という一件がありました。

近年、9PROJECTでつかさんの初期の作品を上演していく中で、もう一度挑戦してみたいという思いに駆られ、今回の機会をいただきました。

そしてやってみると…。

Continue reading →

「生涯」という作品

本稽古が始まって、3週間が経とうとしています。5月に1週間、8月に1週間プレ稽古をしていますので、全部で5週間ですか。毎回毎回、作っては壊しの毎日です。

つかこうへいが登場し、演劇界を変えたのが70〜80年代。一度演劇活動を辞め、また再開してプロデュース公演を次々に行っていたのが90年代。そして僕らが北区つかこうへい劇団を結成し、後進の育成に注力したのが2000年代。僕らがつかさんと一緒にいたのは、この2000年代だけです。

今まで見たことのない、つかこうへい初期の作品。実際、この「生涯」という作品は、たった一度しか上演記録がなく、しかもつかさんの演出は一度もないということもあって、往年のつかファンでもこの作品を見たことのある人は少ないのではないでしょうか?存在すら知らない人も多いでしょう。

IMG_1257

でも、おもしろい。
いや、こんなにおもしろいのは久しぶりだというくらい、おもしろい。

くだらない言葉に大笑いしたかと思うと、強烈な言葉が胸に突き刺さってくる。一筋縄ではいかないセリフの応酬。不条理な展開と、だからこそ描き出される真実…。

ああ、これこそ、つかこうへいの作品だ、と実感しています。

Continue reading →

「龍馬伝」初日開けました!!

ついに…ついに…ついに!
「龍馬伝」が初日を迎えました!

長かったような、あっという間のような…。
1ヶ月余りの稽古期間は、瞬く間に過ぎて行きました。
でも今は、この作品を皆さんの前にお届けできることがうれしくてなりません。

Continue reading →

来た。

龍馬伝、いよいよ来週から開幕です。
稽古も残すところ、あと2回。
土日は児童教室があるので、1日びっちり稽古が出来るのは、今日が最後でした。

ということで、2回通し稽古。

ただでさえハードな今回の舞台。
間45分の休憩で2回連続の稽古は、役者を廃人にします。

終わったあとは、こんなかんじ。

IMG_0744.JPG

しかし、やった甲斐がありました。

Continue reading →

勝ちました。

本日の「龍馬伝ブログリレー」私がじゃんけん勝ちました。
毎回毎回、いいところまで勝ち残りながら、あと一歩のところで敗退を続けてきたのですが、ようやくの担当です。

まあ、担当じゃなくてもたまに書いてるんですけどね。

さてさて、「龍馬伝」原作は小説の三部作です。
なので、舞台版でも大きくシーンを三つに分けて、一部、二部、三部と呼んでます。
今日は一部を集中的に稽古しました。
幕開きからの45分、ここが野望編パートです。
全体の三分の一、45分に過ぎないんですが、芝居一本ぶんくらいのボリュームがあります。
一部の通し稽古をすると、全員汗だくのドロドロになります。
でも、休む間もなく二部が始まります。

最近、静かな芝居ばかり書いていたので、この感覚は久しぶりですねー。
楽しいです。

Continue reading →

仲間って感じ。

日々、Twitterでもつぶやいてるんですが、今回の「龍馬伝」は、本当になんかもう仲間って感じです。

それぞれね。
得意なことが違うんですよ。

だから、得意な人が、得意なところではみんなを引っ張って、別のところでは、別の人に引っ張ってもらって、みたいに、みんなのいいとこ取りして稽古しているのです。

Continue reading →

「龍馬伝」稽古中!

さあ、さあ、さあ、さあ!
「龍馬伝」ガツガツ稽古しております!
今はとにかく段取りをつけている段階ですが、毎日がとにかく楽しいです。

出演者が10人と、少ないこともありまして、団結感がありますね〜。
仲もいいですし、何より「前に進もう!」意識が強いです。

…当たり前っちゃ、当たり前のことなんですけどね。

Continue reading →

チラシ画像_表

「龍馬伝」いよいよ始動!

気がつくと、怒涛の3月4月が怒涛のように過ぎて行きました。
「広島に原爆を落とす日」が終わったかと思うと、次は「カノカタ」と「一縷に賭ける」。
その間に「龍馬伝」の台本を書き…ようやく落ち着いたのがつい4日前ほど…。
そこからさらに、劇団の決算報告のための資料を作ってました。

はあ。

疲れましたが、いよいよ稽古開始です!

この「龍馬伝」は、つかこうへい先生の小説です。
これを戯曲化して上演したいと思ったのは、実はもうずいぶん前…。
つかさんから言われまして、2006年に「蒲田行進曲」、2007年に「二代目はクリスチャン」の構成・演出をやらせていただいて、じゃあ次は何をやろうか…と考えた時に、僕が「やらせてくれませんか?」と、めずらしく自分から口にしたのがこの「龍馬伝」でした。
しかし返ってきた答えは、「いつまでも俺の芝居をやってないで、オリジナルを書け」でした。
そしてその時上演したのが、「鬼」という作品でした。

Continue reading →